「医術であって算術ではない!」

「医術であって算術ではない!」


3ステップで経営仕組み化することで
わずか3ヶ月で月商1.6倍にする

歯科専門コンサルタントの佐藤です。


昨日の記事に引き続き
“考え方”について
ご紹介していきます。

本日の内容は
「医業収益UPの本当の意味」
というものです。


なぜこの内容なのか?
それはFacebookで、、、

~~~~~~~~~~~~
「売上を上げるのは
医療従事者として
正しいことではない!」

「歯科医療は、医術であって
算術ではない!」
~~~~~~~~~~~~

というコメントを
見たからです。


そもそも僕のクライアントは
売上を求めて契約しているので
「売上UPはおかしい!」
と仰る先生はいません。


・・・でも、

心のどこかで
売上を求め過ぎるのは
おかしいんじゃないか

そう考えているような
気もします。


それに、
メルマガ読者の先生含めて
治療に真摯な方が本当に多い。

そうした
“治療にこだわる先生だからこそ”
売上UPすべき。

そうお伝えしたくて
今日の記事を書いています。


もし先生が
売上を上げることに
心のブロックがあるなら
ぜひ最後まで読んで下さい。

=============
「売上UP=お金儲け」なのか?
=============

売上を上げることに
心のブロックがある先生は
「売上UP=お金儲け」
と考えています。

しかし、それは半分“正解”。
半分“間違い”です。


なぜか?
結局、これに尽きます。

「何のために歯科医療を
しているのか?」

「先生の医院にきて患者は
果たして救われるのか?」


つまり、先生自身の考えとして
「お金儲け」のために
開業をしているのか。

それとも、
「良い医療を提供することで
患者を救いたい」と考えて
開業しているのか。


どちらの考えかによって
「売上UP=お金儲け」という問いに
正解にもなるし、
間違いにもなるんです。


歯科業界には、
3つのタイプが存在します。
それは、

(1)経営に走る先生
(2)治療に走る先生
(3)治療と経営を両立する先生

これら3つのタイプ。


「経営」に注力し過ぎる先生は
治療が苦手だと自覚しているから
心の拠り所を求めて、
経営に注力する傾向があります。

そうした先生は
治療に興味が薄いので
トラブルが結構多い。。。

なので、こうした(1)の歯科医院に
来院した患者さんは
口腔内が崩壊し、不幸に。


歯科医院の本質から外れるので
これは間違いなく
「お金儲け」と言えます。

だって、
長期的に口腔内を守る
治療をすべきなのに、

保険点数を稼ぐために
無駄に歯を削ったり
容易に抜髄をしてしまうからです。

来院する患者さんが
増えれば増えるほど不幸になる方を
増産してしまっているんです。

これほどフザけたことは
無いですよね。


では、(2)の先生はどうか?


・・・

長くなってしまうので、
続きはまた明日!

◆追伸:
来月4月17日(日)13:00~15:00に
「3ステップ経営仕組み化」セミナーを
開催します!

簡単にいえば、
3ヶ月で月商1.6倍になる
経営改善法が学べます。

しかも新患を増やさないから
コストゼロで売上UPが可能です。

詳細は22日(火)に告知するので、
参加希望の方は
4月17日を空けておいて下さい!

歯科専門コンサルタント
佐藤元武

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。

※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。

>> メルマガの詳細を確認する

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA