「患者さんを救いたい」先生がそう考えるのなら…

「患者さんを救いたい」
先生がそう考えるのなら…


3ステップで経営仕組み化することで
わずか3ヶ月で月商1.6倍にする

歯科専門コンサルタントの佐藤です。


昨日の記事では、
「経営」だけに走る医院は
治療を軽視しているから
不幸な患者を量産している。

少々過激な内容ですが、
そう書きました。

今日はその続きです。


(2)の歯科医院は
「治療」に走る先生でしたね?

こうした先生は
こだわって治療をしているので、
救われる患者さんは
たくさんいらっしゃいます。

長期的な視点でみれば、
口腔内を守れる方は
非常にたくさんいる。


でも、

欠点がひとつだけあるんです。
その欠点とは、、、

~~~~~~~~~~~
「自分の好きなように
治療ができれば満足。」

「だから、
自分の技術を求めて
口コミで来る患者だけ
診れればそれで良い」

「経営なんて考えたくない」
~~~~~~~~~~~

このような思考が欠点。
そう僕は考えています。

それこそ何を目的にするかで、
欠点なのか長所なのか
変わりますが。。。”(-“”-)”


天邪鬼な考えはさておき(苦笑)、
この思考がなぜ欠点なのか?

それを説明していきます。


僕の考えはシンプルです。
本当に。(笑)
なぜならこういう考えだから。

~~~~~~~~~~~
先生の技術で救える
患者がいるのであれば、
患者数を増やすのは
歯科医師の使命では?

救える患者をたくさん増やす、
自費によって口腔内を守り
喜んでお金を払ってもらう。

それによる売上アップ、
つまり「規模の拡大」は
当然のことじゃないですか?
~~~~~~~~~~~

こう僕は考えています。

不適切な治療を受けたことで
口腔内が崩壊していく
患者さんはたくさんいます。

そうした方を救っていくためにも
規模の拡大を
避けてはならないんです。


「患者さんを救いたい」
先生がそう考えているなら。


このような僕は考えているので
(3)の治療と経営を両立する
先生は非常に合理的です。

・・・

なぜか?

患者数を増やすことも
自費を増やすことも、
すべては救える患者を
ひとりでも増やすため。

それを体現しているからです。


きちんと分院長も育成しているなら、
分院展開はさらに合理的。

僕はそう考えています。


結果的にお金は増えますが、
根底にある目的は
「救える患者をひとりでも増やす」
ということ。

だから「売上UP=お金儲け」
という考えは間違いです。


何度も繰り返しますが、
患者数を増やすこと、
自費を増やすことによる
売上アップが意味するのは、

「救った患者さんを数値化したもの」
と僕は考えています。


そう。
先生は毎日たくさんの方を
救っているんです。

救える技術があるんですから、
患者数を増やすこと、
口腔内を守る自費を増やすことは
先生の使命です。


同業者の先生からの目と
患者さんを救うこと、
先生はどちらが大切ですか?

開業当時の想いをもう一度
思い出してみて下さい。

◆追伸:
来月4月17日(日)13:00~15:00に
「3ステップ経営仕組み化」セミナーを
開催します!

簡単にいえば、
3ヶ月で月商1.6倍になる
経営改善法が学べます。

しかも新患を増やさないから
コストゼロで売上UPが可能です。

詳細は22日(火)に告知するので、
参加希望の方は
4月17日を空けておいて下さい!

歯科専門コンサルタント
佐藤元武

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。

※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。

>> メルマガの詳細を確認する

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA