【保存版】知らなきゃ損する経営指標

【保存版】
知らなきゃ損する経営指標


3ステップで経営仕組み化することで
わずか3ヶ月で月商1.6倍にする

歯科専門コンサルタントの佐藤です。


本日は歯科医院における
経営指標をご紹介します。

タイトルに【保存版】と
書くぐらいなので
非常に重要な内容です。

・・・

と言いつつ、
プレッシャーでもあります。(苦笑)
( ̄O ̄;)


なぜ経営指標について
ご紹介するのか?
それは、、、

==========
医院の経営が
上手くいっているのか、
それともヤバいのか…

経営指標を知らないと
今後の方向性を
決められない。
==========

これが理由です。

新患数やキャンセル率、
自費売上など、
歯科医院には様々な
経営指標があります。


しかし、
先生方は基本的には
自院の経営状態しか
把握できていません。

だから各経営指標において、
全国平均と比較して
順調かどうかの
正確な判断をすることは
非常に難しいんです。


この経営指標を知ることで
伸びしろを把握することができ、
売上アップのための課題を
明確にすることができます。

そのために今回から
いくつかの記事に分けて
詳しく解説していきます!


また今回ご紹介する経営指標は
僕が医院の現状を把握する時に
【よく使う指標TOP3】になります。

そのTOP3とは、、、
コチラ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

★★★★★★★★★★★★★
◆経営指標第3位
「レセプト1枚あたりの保険点数」
※保険点数÷1ヶ月のレセ枚数

◆経営指標第2位
「キャンセル率」
※キャンセル数÷予約数

◆経営指標第1位
「ユニット1台あたりの月商」
※月商÷ユニット台数
★★★★★★★★★★★★★

現状を把握するのに
多くの指標があるので
選ぶのが難しい・・・!

だけど、そのなかでも
特に重要なものを
ピックアップしました!!
!(^^)!

これらについては
明日のブログから
ひとつずつ解説します。


ちなみに、
ランク外に「新患数」も
考えていました。

今日のブログがこれで終わると
内容が薄いので
「新患数」をご紹介します!


ちなみに、
先生の医院の新患数は
毎月どれぐらいですか??

地域によっても違いますが、
新患を増やす対策をしていなければ
駅前だと毎月30人程度、
住宅地だと5~10人前後の
医院が多いですよね。


この新患数の指標は、
【ユニット台数×10人】
と言われています。

例えば、ユニット5台であれば
新患数50人が
ちょうど良いってことです。


僕自身の経験則だと
「×15人」までは良いですが、
「×20人」になってくると
新たな問題を生み出してしまいます。


どんな問題か??


僕が事務長をやっていた
歯科医院では
ユニットは8台でした。

もともと歯科医院の
HP制作の経験が豊富だったので
新患を増やし続けたところ、、、

~~~~~~~~
新患数30人/月
新患数80人/月
新患数100人/月
新患数150人/月
新患数180人/月
~~~~~~~~

こんな感じで新患数が
膨れ上がっていきました。
( ̄O ̄;)

当時は新患を増やすことに
躍起になっていたので
数字自体に喜んでいましたが、
新たな問題が発生。。。

それは、、、


「患者流出率」が
高くなってしまったんです。
(^^;;

なぜなら、
新患数が増えれば、
予約が埋まっていきますよね?

そうなるともちろん、
予約が取りづらくなっていきます。


いくらデンタルIQの高い方でも
予約が全然取れなければ
治療も進まないので
歯が悪化する可能性もあります。

患者さんはそう考えるので、
別の歯科医院に通い始める
という新たな問題が発生しました。

・・・

こうした場合、
どのように対策するのが得策か?
それは、、、

★★★★★★★★★★★★★
新患の「量」を減らしつつも、
新患の「質」を高める。
★★★★★★★★★★★★★

これが正解です。

新患のほとんどがHP経由。
なので、自費見込みが高く、
「質の良い」新患を増やすのは
メチャメチャ簡単です。

来院のハードルを高くすれば、
新患を絞り込めるからです。


前職の院長と食事をしながら
十分すぎるくらい話しましたが、
院長としては「現状維持」。。。

「新患が減ることで売上も下がる」
という先入観が消えないからです。


一旦その状態になってしまったら
変化を起こすのは恐いと思うので
しょうがない部分もあるよなぁ…
と僕は感じました。(苦笑)

ですので、
そうならないためにも
先生の場合は事前に新患数を
コントロールしていきましょう。

改めて言いますが、「新患数」は
「ユニット台数×10~15人」
目安ですよ!


きょうはここまでです!
明日のブログからは
TOP3をひとつずつ
ご紹介していきます!(^^)!

今日も診療を
頑張ってくださいね!!


歯科専門コンサルタント
佐藤元武

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。

※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。

>> メルマガの詳細を確認する

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA