【超重要Ⅲ】「快」と「不快」両方を満たさなければならない理由

【超重要Ⅲ】
「快」と「不快」両方を
満たさなければならない理由

<img<!–br class=”codelinebreak” –=””> src=”http://authentic-partner.com/wp-content/uploads/o0240016213505790895.gif” width=”240″ height=”162″ border=”0″ alt=”” にほんブログ村”=”” 病気ブログ=”” 歯科医へ”=”” ratio=”1.4814814814814814″ id=”1449666704925″ style=”width: 185px; height: 124.875px;”></img<!–br>

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、

自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタントの
佐藤元武(もとむ)です!(^^)!

これまで
『快』と『不快』について
ご説明してきました。
 
 
今日の内容は、
“両方を満たす”ことが
メチャメチャ重要!
ということをご紹介。
 
なぜか?
 
 
まず結論から!
その理由は、、、↓
 
★★★★★★★★★★★★
 
全顎的に自費診療で治す
確率が高くなるから
 
★★★★★★★★★★★★
 
なぜなら、
『不快』を刺激することで
 
「なぜ治療しなければ
ならないのか?」
 
という、“治療の必要性”
理解します。
 
 
そして、
『快』を満たすことは
 
「お金が掛かっても良いから
良い治療で治したい!」
 
“自費診療の大切さ”
理解することに他なりません。
 
 
・・・
 
 
文面だと難しいですね。(苦笑)
( ̄O ̄;)
 
メチャメチャ簡単に
説明しますね。
 
 
「不快」→「快」という順番で
刺激した場合の
患者さんの頭のなかの
セリフで解説します!
 
~~~~~~~~~~
■「不快」を刺激↓
 
【先生の説明】
「●●さんのお口の現状を
説明すると、ココとここが
虫歯になっています。」
 
「いまは●●まで
進行していますね。」
 
「このまま放置しておくと、
●●になってしまって
最悪●●になりますよ。」
 
 
【患者さんの頭のなか】
「えーーー!
そんなに私の歯って
悪い状態だったんだ…」
 
「だったら治療しなきゃ!」
 
※治療の必要性を理解する※
 
 
■「快」を満たす↓
 
【先生の説明】
「歯を治す方法は複数ありますが、
どれを選ぶかで歯の寿命は
大きく変わりますので
説明させてもらいますね。」
 
※保険の将来的なリスクと
そのリスクの原因を説明※
 
「保険には以上のリスクがありますが、
それを解決できるのが
●●という自費診療です。」
 
「●●にすることで●●は防げて
●●というメリットがあります。
将来のことを考えると
●●が良いと思いますが
どうされますか?」
 
 
【患者さんの頭のなか】
「歯を治すならどれも
同じだとと思っていたけど、
そういったリスクもあるのね。」
 
「自費って見た目だけを
綺麗にするものだと
思っていたなぁ…」
 
「そんなに将来が違うなら
自費にしてみよう!」
 
※自費診療の大切さを理解※
~~~~~~~~~~
 
会話形式だと何となくでも
理解できましたか?
(゚A゚;)ゴクリ
 
 
解説は以上です!
 
いまさらですが、
この「快」と「不快」って
本当~に大事!!
 
 
僕は頭のなかに図があって、
目の前の患者さんが
「快」と「不快」の図の中で
どの位置にいるかが
すごく鮮明に分かります。
 
ドラゴンボールで言えば
「スカウター」です。(笑)
\(^o^)/
 
 
完璧に自慢になりますが、
少し問診しただけで
約8割の確率で自費になるか
当てられます。(笑)
 
 
そこまでいかなくても、
図を意識していれば
患者さんに何を説明すれば
歯の大切さを理解してもらえるか
作戦が立てられます
 
そういった意味で
非常に大事なわけです。
 
 
それにしても、
事務長時代の経験が
財産になっています!(^^)!
 
それでは!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA