【アリエナイ?】患者23名いれば自費売上400万円達成できます。

患者23名いれば
自費売上400万円達成できます。


3ステップで経営仕組み化することで
わずか3ヶ月で月商1.6倍にする

歯科専門コンサルタントの佐藤です。

2月中旬のセミナーが終わり、
経営相談がたくさん入っているので
メチャメチャ忙しい。。。

本当に嬉しい悲鳴です!(^^)!


そのこともあって
ご無沙汰してしまいました。(ーー;)
(言い訳ではないですよ?)


が!

気分転換にメルマガを
書いていきます!!

===============
「本当に自費は増えるんですか…?」
===============

僕は突き抜けた売上UPを
短期間で達成していきますが、
その手段のひとつには
「自費売上UP」があります。

なぜなら、
自費なくして飛躍的な売上UPは
すごく難しいから。
“(-“”-)”


例えば院長ひとりで
自費売上200万円/月なら、
400万円/月を目標に。

自費400万円/月なら
600万円が目標。


こうした目標をお伝えすると、
必ずと言ってよいほど、
次の質問を受けます↓

◆相談者
「本当に自費は増えるの…?」


こうした質問に対して
僕の回答は、、、↓

◆佐藤
「意外と簡単に達成できますよ」
「期間は×ヶ月間あれば。」

・・・

◆相談者
「本当ですか?(疑惑の目)」


何も相談者の院長だけでなく、
読者の先生でも
そう思われている方は
多いかもしれませんね。
( ̄O ̄;)

そもそもこうした疑問が出るのは
自費売上●百万円を達成できた
経験がないからですね。


僕からしたら何度も経験しているので
達成するイメージがありますが、
そうでない先生には難しい。。。

そうしたこともあって、
「自費を増やすのは難しい」
という固定観念を払拭する気づきを
今回ご紹介します。

===============
患者さんが23人いれば
自費売上400万円は達成可能
===============

そもそも自費売上400万円/月には
何人の患者さんから成約を
いただかないと難しいと思いますか?

50人?

それとも100人??

・・・

まさか200人以上?!


すでに答えを書いているので
引っ張らなくても良いですね。(笑)


実は【23人】いれば
自費400万円/月は達成できます。

わずか23人の患者さんから
成約をいただくだけなんです。


ほとんどの先生が
高い自費売上を達成するには
「たくさんの成約が必要だ!」と
思い込んでいます。

例えるなら、
「見えないオバケ」に
怯えているだけなんです。


でもそのオバケの正体を
お伝えすると、、、


あら?

あらららラ?


あら、不思議。
オバケが全然怖くない。(笑)

すごく簡単に達成できそうな気が
してきましたよね?


そうそう。
そのイメージが大切です。

言葉遊びじゃないですけど、
「達成できそう!」という
イメージが大事なんです。

そのイメージさえあれば
3,4ヶ月あればイケちゃいます。


感覚を掴んでいただいた所で、
具体的な【証拠】をお見せします。
それが、コチラ↓

~~~~~~~~~~~~~
◆インレー(単価:45,000円)
・成約本数:17本
・成約人数:6名(1人あたり3本)
・合計:765,000円

◆ファイバーコア(単価:15,000円)
・成約本数:12本
・成約人数:6名(1人あたり2本)
・合計:180,000円

◆クラウン(単価:80,000円)
・成約本数:12本
・成約人数:6名(1人あたり2本)
・合計:960,000円

◆インプラント(単価:350,000円)
・成約本数:4本
・成約人数:2名(1人あたり2本)
・合計:1,400,000円

◆ブリッジ(単価:240,000円)
・成約本数:3本
・成約人数:3名(1人あたり1本)
・合計:720,000円

---↓つまり↓---

◆総額:4,025,000円◆
◆総成約本数:48本◆
総成約人数:23名
~~~~~~~~~~~~~

どうですか??
意外と簡単じゃないですか?

・・・

そう。

たった23名の方から
自費成約をいただければ
自費売上400万円なんて
全然難しくありません。

ここで補足も兼ねて
重要な前提をお伝えします。
それは、、、


★★★★★★★★★★★★★★★
一度でも自費を入れれば、
その後も自費を選ぶ可能性は
メチャメチャ高くなる!
★★★★★★★★★★★★★★★

ということです。


初めて自費を入れる時の
心理的ハードルが高いだけで、
1回でも自費を入れれば
その後はほぼ自費になります。


なぜか?

すごく簡単な話ですが、
自費を入れたことで
自費の価値を理解したからです。

だから、その後も
自費を選ぶ傾向にあります。


先ほどの一覧表の「成約人数」に
「1人あたり●本」と書いていますが、
補綴ごとに患者1人あたりが
自費を入れる本数のことです。

例えばセラミックインレーなら、
1人の患者さんが平均3本入れます。

セラミッククラウンなら平均2本。
インプラントも平均2本。


あくまで経験則での数値なので、
治療箇所が多い患者が多ければ
平均本数はアップします。

そうなればもっと少ない人数で
高い自費売上はつくれますね。



「本当に自費は増えるの…?」
という疑問は払拭されましたか?

先生が思い込んでいるだけで
全ッ然難しくないです。(苦笑)

今回個別コンサルを
ご依頼いただいた先生方は
頑張っていきましょう~!


今日はここまでにします!

◆追伸:
1回自費を入れたのに
その後は保険になってしまう場合は、
自費に不満を持たれている
可能性が非常に高いです。


「入れてすぐに脱離してしまう」とか、
「モノが引っかかる」とか。

そういうことをよく言われる場合は
「やっぱり保険で十分」と
思われているかもしれません。

歯科専門コンサルタント
佐藤元武

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。

※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。

>> メルマガの詳細を確認する

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA