ステップ②『“どの処置のときに”自費説明をするか』を決める

【ステップ②】
『“どの処置のときに”
自費説明をするか』を決める

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、
 
自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です。
 

さて、今回はステップ②に
はいっていきます。

まず全体像を確認しましょう。

—————————————————–

最初に取り組む自費診療を決める

  ↓
②『“どの処置のときに”自費説明をするか』を決める
  ↓
③『そのタイミングで“どのような”自費説明をするか』を決める
  ↓
④自費説明ツールを作成する
  ↓
⑤自費説明のトレーニングをおこなう(ロールプレイング)
  ↓
⑥実際に患者さんへ自費説明をしてみる
  ↓
⑦修正点があればツール等を修正する
  ↓
⑧仕組み化が完成

—————————————————–

今日は赤字のところですね。
では早速進めていきましょう!

■ステップ②:
『“どの処置のときに”自費説明をするか』を決める

自費説明をする処置を
決めていきます。

つまり、自費説明をする
“タイミング”のこと
ですね。

このタイミングを決めておかないと
仕組み化はできません。

なぜなら、ほとんどのDrが
自分の主観によって
説明するかどうかを
判断しているからです。

もしかしたらこれを聞いたら

「え~絶対ウソでしょ!」
「うちはそんなことないよ!!」

と思われるかもしれませんが、
ほとんどのDrが
自費説明していないんです。


===========================

患者さんが100人いたら
自費説明しているのは
2~3人ぐらい、、、

===========================

ウソだと思うのなら
実際に調べてみてください。

驚く結果が待っている
はずですから。(笑)

タイミングを決める理由は、
そういった抜け漏れが
ないようにするため
なんです。



でもご安心ください。

裏をかえせば

『自費説明できる患者さんが
まだまだたくさんいる』

ともいえます。

だから、
「○○の処置になったら
自費説明をする」という
タイミングを決めるんです。

では、仕組み化のための
実践ワークにはいっていきましょう!

【仕組み化ワーク】
自費説明をするタイミングを
書き出してください。

僕のいた歯科医院では
次のタイミングで
自費説明しています。

一部紹介すると、、、

【セラミックインレー】
・C処

【セラミッククラウン】
・RCF

【自費根治(マイクロエンド)】
・C処(抜髄になる場合)
・Perと診断した場合

【インプラント】
・EXTと診断した場合


医院によって
処置の略称は違いますが
一部紹介すると、

このタイミングで
自費説明しています。

自費説明のタイミングを
挙げやすくすると
こういった観点で
考えてみてください。

その観点とは、、、

===========================

保険・自費の選択肢がでる
1~2つ前のタイミングで
自費説明をすればOK!

===========================

インレーになるとしたら、
処置は次の流れになりますよね?

C処

kp・imp

Inlay Set

この場合は、KPだと遅いので
C処のときに説明します。

簡単にいえば、

『自費にするかどうか
考えられるだけの
余裕が持てるタイミング』

そのタイミングで
説明すれば良い、
というわけですね。

いかがですか?
説明するタイミングは
書き出せましたか??

次回の記事では
『効果的な自費説明』について
ご紹介していきます。

次までの宿題です。(笑)

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■本日のまとめ

・仕組み化には「自費説明するタイミング」を決めなければならない

・なぜなら、ほとんどのDrは100人中2~3人にしか説明していないから

・こういった抜け漏れを無くすのが仕組み化する理由

・自費説明するタイミングは『

保険・自費の選択肢が
でる
1~2つ前』


・つまり、

『自費にするかを
考えられるだけの
余裕が持てるタイミング』

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA