[動画]リコールに患者が来ない3つの典型的な原因

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

 

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

前職の歯科コンサル勤務時代は
クライアントの大半が
年商1~2億円の歯科医院。

Dr枠もすべて埋まっていれば、
DH枠もP処やリコールの患者で
たくさん埋まっている。

経営課題といえば、

・院長の自費をさらに増やす
・勤務医の自費を増やす
・院長不在でも回る仕組みづくり

というものばかり。

この売上層の歯科医院しか
知らなかったので、
当時の僕にはそれが当たり前
だと感じていたんです。

独立した今ではどうか?

クライアントの大半が
腕は良いのに経営が苦手な
歯科医院さんがほとんど。

そうした先生方と出会う中で
「マジで?!」と驚いたことが
実はあるんです。

そのひとつは、、、

「リコール患者が少ない」
ということ。

なぜなら、当時の僕は
リコールへ移行する流れが
あるのが当たり前だと
思っていたからです。

ただ、実際には
リコールに来てもらう仕組みが
無いことが意外と多いんです。

それには正直驚きました。

==============
年商1~2億円との違いは…
==============

もうここまで読んで
お気づきだと思いますが、

年商1~2億円の歯科医院と
そうでない所の違いは
「リコールの流れが不十分」
だということです。

ただ、リコール患者が少なくても
年商1~2億円ある歯科医院という
“例外”があるのも事実。

例えば、
自費が異常に多かったり、
インプラント患者などが新患で来る
仕組みができていたりなど…

繰り返しになりますが、
これは一部の特殊な歯科医院です。

例外を挙げたらキリがないので、
ここでは最大公約数的な意味で
大半の歯科医院に当てはまる話をします。

話を戻しますね。

リコール患者が少ないかどうか、
これが違いのひとつです。

Dr1人で作れる売上には
限界がありますが、
リコール患者が多ければ当然、
DHが診る分、売上が底上げされます。

そしてリコール患者が治療になり、
自費になったりすれば、
その分、売上がさらに増えます。

リコール患者が増えていったら、
ユニットを増設して代診も採用する。
その繰り返しで年商1~2億円を
突破する歯科医院がほとんど。

だから、経営を安定化させる意味でも
リコールへ移行する仕組みは
確立する必要があるんです。

ただ、先生はもしかしたら、、、

「うちは3ヶ月に1回来るように
患者には伝えているけど、
それでも来る患者が少ない…」

と悩まれていたら朗報です。

そうした先生に向けて
特別に下記動画で解説をしています。

色んな歯科医院さんを見てきて
リコール患者が少ない医院に
共通する原因が“3つ”あることに
気づきました。

それを紹介すると下記のものです。

~~~~~~~~~~~~~~~~
◆原因その1
●●に●●知るから。

◆原因その2
説明が●●で●●してしまうから。

◆原因その3
リコールの予約が●●になっているから。
~~~~~~~~~~~~~~~~

意外とこの3つのことを
やってしまっている所は多いです。
特に下記に該当する先生は
ぜひこの動画をご覧ください。

・新患が20人以上来ているが、
 リコール患者が少ない…

・開業して1年以上経つが、
 リコールへ中々移行しない…

・DH枠の空きが目立つ…

リコール患者を増やすには
増えない原因をまず知ることが
すごく大切です。

もしリコール患者が少なくて
悩まれているとしたら、
何かしらヒントになるかもしれません。

ぜひこちらをご覧ください。

 

 

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA