[動画]治療終了患者の8割をリコールに移行させる“超簡単”な方法

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

昨日の動画は見ましたか?

「治療が終了した患者が
リコールで来院しない…」

そう悩む先生が
“やってしまっていがち”な
3つの典型的な原因を
昨日はご紹介しました。

答えを書くと次の3つ。

~~~~~~~~~~~~~~
◆典型的な原因(1)
リコールについて●●に
【●●】から

◆典型的な原因(2)
リコールの説明が
【●●で●●】から

◆典型的な原因(3)
リコールの予約が
【●●】になっているから
~~~~~~~~~~~~~~

挙げれば他にもありますが、
大半の先生がやってしまっている
ミスはこれら3つです。

リコール患者を増やすには
これら3つの原因を解決すれば
良いわけなんですが、
今日は具体的な解決策を紹介します。

今日も動画を撮りましたので
早く答えを知りたい!
という方はこちらをご覧ください。

 

================
リコール移行率80%にする簡単な方法
================

今日お伝えする方法を実践すれば
治療終了患者の80%が
リコールに移行するようになります。

しかもやることは非常に簡単。
診療の流れをほとんど何も変えずに
すぐに取り組める内容です。

ただ、先に1点お断りをします。

移行率80%と言いましたが、
下記のいずれかに該当する
先生は難しいです。

・普段から治療説明が疎か
・患者との信頼関係が希薄
・患者からあまり信頼を得られていない

これらをひと言でまとめるなら
「昔の歯医者」ですね。
この先生は結構難しい。

過去に何度もメルマガで
伝えていることですが、
『説明の徹底』は歯科医院における
経営の根底に位置しています。

なのでそれが欠けているなら
まずはそこから少しずつでも
取り組んでみて下さいね。

さて、話を戻します。

肝心のリコール移行率80%にする
“超簡単”な方法ですが、

「動画を見るのが面倒…」
という先生のために
結論だけ紹介しますね。

その方法とは、、、

★★★★★★★★★★★★★

◆大切なポイント(1)

●●の【●●】
に説明する

◆大切なポイント(2)

リコールの●●について
【●●】説明する

◆大切なポイント(3)

リコールの予約を●●にせず
【●●】で取る

★★★★★★★★★★★★★

僕が個別コンサルで指導する
内容は主にこの3つです。

なぜこの3つなのか?

説明が長くなってしまうので
その“重要な”理由については
動画内で解説をしています。

また、上記以外にも
細かい点ではありますが
大切な点も紹介しています。

ぜひお時間がある時に
最後までご覧ください。

 

「長い時間も見れない」という方は
2倍速で見る方法もあります。

PCで見る場合のみ有効ですが、
動画の右下にある歯車アイコンを
クリックすれば速度調整できます。

本日はここまで!

次回のメルマガでは
下記のテーマを予定しています。

~~~~~~~~~~~~~~~~
新患が多いのに
アポ帳が埋まらない原因 
~~~~~~~~~~~~~~~~

新患数の目安は
【ユニット台数×10人】です。

しかし、ユニット台数関係なく
最低でも新患数15人/月以上いれば、
Dr枠・DH枠ともにアポ帳は
すべて埋められます。
(Dr1名の個人歯科医院の場合)

もし先生の医院で
そうなっていないのなら、
初診~リコールまでの間のどこかで
流出してしまっています。

次回のメルマガでは、
患者が流出しやすいタイミングを
紹介しながら、流出する典型的な
原因についても解説をします。

ぜひ次回もお楽しみに!

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

 

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA