患者の“時間軸”を未来に引き伸ばす方法

患者の“時間軸”を
未来に引き伸ばす方法

 
「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、

自費率アップを仕組み化する

歯科コンサルタントの
佐藤元武(もとむ)です!(^^)!

 
 
今回は全顎症例での
自費提案のシリーズを
お送りしています。
 
そのきっかけを下さった
K先生から
嬉しい感想を頂きました!
 
~~~~~~~~~~
佐藤さん
 
とりあげて頂き、
ありがとうございます。
 
仰る通り、
患者さんとDrでは
口腔内に対して見てる
景色が違うんですね。
 
危機感の有る無しという
観点は目からうろこでした。
 
次回も
楽しみにしております。
~~~~~~~~~~
 
こういったコメントを頂けると
非常に励みになります!
K先生、ありがとうございます。
(*^^*)
 
 
さてさて!
 
前回のブログでは、
危機感の強い人と
そうでない人では
判断する“時間軸”に
ギャップがある。
 
こうお伝えしましたね?
 
 
今日の記事では
そのギャップを埋める方法を
ご紹介します!
 
結論から言います。
その答えは、、、
 
 
★★★★★★★★★★★
順を追って丁寧に
“未来”を説明する。
★★★★★★★★★★★
 
実は、前回の記事で
答えを出していました。
 
気づきましたか??
 
 
この部分ですね↓↓
 
=========
例えば、
左側臼歯部の欠損。
 
この場合の未来とは、
こんな感じです。
 
~~~~~~~~~~
右側で噛むようになる
右側臼歯部が
ダメになっていく
抜歯
前歯で噛むようになる
前歯もダメになる
噛めなくなる
~~~~~~~~~~
 
=========
 
この波線「~」で
囲っている部分を
丁寧に説明するんです。
 
口頭だけでなく、
イラストや写真を使って
“視覚”で説明します
 
ここが抜けているから
時間軸のギャップが
埋まっていかないんです。
 
 
・・・
 
 
ただ、、、
 
 
ただですよ?
 
 
こういったお話をすると
一部の先生からは、
 
「それならいつも
やってることですね。」
 
と言われることが
あります。(ーー;)
 
 
ではなぜ、
“未来”を説明しているのに
自費になる先生と
保険になってしまう先生に
分かれてしまうのでしょうか?
 
 
・・・
 
 
僕が見てきた中では
原因は“ひとつ”しか
ありません。
 
その原因とは…
 
 
 
 
次回に続きます。!(^^)!
 
それでは!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA