新患を追い続けるのは危険?!

新患を追い続けるのは
危険?!

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、
 
自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です!(^^)!

もし次のようなミッションを与えられたら
皆さんは何をしますか?

~~~~~~~~~~~~
◆ MISSION ◆
いまの収益プラス200万円を
3ヶ月で達成せよ!

~~~~~~~~~~~~

もしかしたら資金繰りの問題で
こういったMISSIONが
ある日突然
与えられるかもしれません。(*_*)

その時に先生は
何に取り組みますか?

知り合いの先生に
この質問をすると
返ってくるのは次の答え。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「まず新患を増やさなきゃね」

「僕ならHPに力を入れるかな」

「自費率を上げる!」

お分かりだと思いますが、
「集患」がまず頭に浮かぶようです。

「新患UP=売上UP」という図式があり
言い換えれば、

「新患増えない=売上増えない」

と考えているようです。

先生はいかがでしたか?

もし先生が
同じ考えだったら、、、

結構“ヤバい”です。(*_*)

!???

なぜなら、

「集患=売上UP」
という発想には
大きな落とし穴があるから

!!!?????
Σ (◎_◎;)

だって、先生。

新患を追い続けないと
売上UPできないんですよね?

もし、ある日突然

広告ダメ!

HPダメ!

という規制ができたら
どうするんですか??

「いやいや(^^;;」

「そんなことないでしょ。」

な~んて安心してませんか?

もちろん、これは
机上の空論ではありませんよ。

少し前から歯科医院における
HPの規制が始まっています。

まだ罰則のない“グレー”ですが
いつかは罰則も
できることと思います。

そんな日がきたら
大変ですよね?

僕のいた歯科医院では
HPでの集患に
かなり注力していました。

そのおかげで

・新患177名/月
・売上3.4億円

という規模まで
短期間で発展できました。

でも、
実は新患の9割が
HP経由なのです。

9割の新患が
年間2~2.5億円を
つくっているのです。

かなり危険な割合
ですよね?(^^;;

院長には何度も
新患を追い続けるスタイルが
危ないと言い続けました。

それでも院長の頭のなかには
「集患=売上」という図式が。

HPで新患を集めるという
アクセルを踏む足をゆるめることを
恐れていました。

特に対策を講じていないので
HPの罰則ができたら
一発で吹き飛んでしまいます。

少し話が長くなりましたが、
こういったことがあるので
新患を追い続けるのは、、、

非常に危険です。

だからこそ!

「集患=売上」という固定観念は
いますぐ捨ててください。

歯科コンサルやHP業者は
「新患を増やしましょう!」
と言いますが、
先生の目的はなんでしたか?

何のために
新患を増やしたいんですか?

売上をあげるためですよね?
集患はその手段ですよね?

そこを間違ってはなりません。

手段が目的化している先生は
本当に多い
です。

それでは、
集患せずにどうやって
売上をあげるのか?

その答えは、、、

次の記事にあります。(笑)
イラッとしないで下さい。(笑)

次回の記事では、

~~~~~~~~~~~

“集患せず”
プラス200万円を達成する
歯科医院経営の全体像

~~~~~~~~~~~


というタイトルで
全体像をご紹介します。

ぜひお楽しみに!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■追伸:

「新患を追い続けるのは危険」
とお伝えしましたが、

新患が不要!
という訳ではありません。(笑)

新患ありきの発想が危険
という意味
です。

新患を増やさなくても
売上UPできる方法は
いくらでもあります。

その経営モデルの
全体像については
次回の記事で!

■本日のまとめ

・多くの院長は「新患UP=売上UP」という発想

・しかし、その発想はかなり危険!

・HPに本格的な規制がかかる日が突然来るかもしれない

・新患を追い続けなくても売上UPは十分にできる!

・集患はあくまで“手段”。目的は売上UPですよね?

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA