新患15人/月以上いるのにアポ帳に空きがある。その原因なら…

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

 

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

最初に先生へお約束します。

もし先生の歯科医院に
新患が毎月15人以上来ているのに
アポ帳に空きがあるのなら、
今日の内容を読めば解決できます。

================
新患数はどのぐらいいれば良い?
================

「新患」は経営を加速させる
まさに“エンジン”。

新患数が多ければそれだけ
売上は右肩上がりに飛躍します。

年商1億円を超えている
歯科医院のほとんどが
新患orリコールのどちらかが
多い傾向にあります。

売上を飛躍させたい先生は
新患数を増やすべきですが…

そもそも新患数はどの程度
いたら良いのでしょうか?

その答えは、、、

【ユニット台数×10人】です。
よく言われる指標はこれですね。

例えば、ユニット3台なら
新患30人/月来ていれば
経営的に安定します。

ただこの目安について
僕の考えは少し違います。

事務長として現場で働いていた
経験からお伝えすると、
【ユニット台数×15人】が理想。

これぐらい新患が来ていれば
驚くほど短期間で売上は
伸びていきます。

僕が入社後1年で年商1.8億円
増やせた要因には
これが背景にあるからです。

もちろん新患を増やしただけ
ではありません。

自費見込みの高い新患が
来るようなHPに変えたり、
自費説明の仕組みを作ったりなど
他の要素も多々あります。

ただ、間違いなく言えることは
新患数UPが追い風になったということ。

新患数が多ければ多いほど
歯科医院経営は加速していくのです。

================
「新患は月15人いれば良い」。なぜ?
================

ここまで新患数の目安について
お話をしてきました。

ただ、先生を混乱させるようで
大変申し訳ないのですが、、、

Dr1名の個人医院の場合、
ユニット台数に関係なく
新患は最低15人/月いれば
売上は増えていくんです。

新患15人もいれば
アポ帳の空きが無いぐらい埋められ、
売上も右肩上がりにできます。

ただ、初診~リコールという
一連の流れのなかで患者流出を
少なくするように最適化されている
ことが条件ですが。

アポ帳に空きが多くなると、
「新患を増やさなきゃ!」と
集患に走る先生が多いです。

しかし、実は真っ先に新患を
増やそうとしてはダメ。

将来的には集患に取り組むんですが
真っ先にやってはいけない、
という意味です。

なぜって?

それは、アポ帳が空く原因が
初診~リコールに移行する間の
どこかで患者流出する
“何か”があるからです。

患者が漏れていく
その穴を塞がない限り、
いくら新患を増やしても
アポ帳の空きは埋まりません。

色々な歯科医院を見てきましたが、
穴の大きさに違いはあれど
必ず患者流出する穴は存在します。

それを塞げば同じ新患数15人でも
リコールまで辿り着く患者数に
差は生じてくるのです。

その穴を塞いだ後に
冒頭でお伝えした目安となる
新患数に増やしていけば
加速度的に売上は増えていきます。

では肝心のその穴は
どこにあるのか?

どの歯科医院でも患者流出する
タイミングには共通点があります。
そのタイミングさえ知ってしまえば
患者流出しないように対策可能。

そのタイミングとは、、、

詳しくは明日のメルマガで。(苦笑)
今日はここまでです。

では明日お会いしましょう。

※メルマガの内容を一部修正して掲載しています。
※伏せ字の箇所がある場合は、メルマガでは具体的にご紹介しています。
 

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA