治療説明で使う日本語を“翻訳”する?!

治療説明で使う日本語を
“翻訳”する?!

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、

自費率アップを仕組み化する

歯科コンサルタントの
佐藤元武(もとむ)です!(^^)!

昨日の最後は
こういった内容で
締めくくりました↓
 
~~~~~~~~~~~
ではなぜ、
“未来”を説明しているのに
自費になる先生と
保険になってしまう先生に
分かれてしまうのでしょうか?
 
 
・・・
 
 
僕が見てきた中では
原因は“ひとつ”しか
ありません。
 
その原因とは…
~~~~~~~~~~~
 
きょうはその続きを
ご紹介します!
 
その原因とは
コチラです。
 
★★★★★★★★★★★★
 
患者さんが理解できる
身近な言葉に
置き換えていない!
 
★★★★★★★★★★★★
 
間違いなくこれです。
 
ちゃんと説明しているのに
患者の反応が良くない場合、
説明の時に使っている
言葉が原因であることが
ほとんどです。
 
 
・・・
 
ちょっとこれだけでは
分かりづらいですね。
(~_~;)
 
例えば、
左側臼歯部欠損の場合の
説明ではコレですね。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
===========
 
左側で噛めないので
右側で噛むようになります。
 
ただそうなると、
右側に“負担が大きくなる”ので
“ダメになってしまいます”。
 
右側もダメになってしまうと
前で噛もうとしますが、
前歯もダメになってしまいます。
 
前歯は奥歯より
耐久性が弱いので
早くダメになります。。。
 
===========
 
 
・・・
 
「この説明のどこが
ダメなんですか?(ーー;)」
 
 
確かにそういった疑問を
持たれるのも分かります。
 
先生は専門家なので
歯のことを熟知しています。
だから、いまの説明でも
十分理解できます。
 
 
ただ、、、
 
患者さんは専門家ではない。
歯のことを好きで好きで
勉強している方は
ごく一握りしかいません。
 
99%の方は
まったく歯のことを
理解していません。
 
なので、
下記の大原則を
覚えておいてください。
 
その大原則とは
コチラです。
 
★★★★★★★★★★★★
 
患者によって
理解できる言葉は
まったく違う!
 
★★★★★★★★★★★★
 
先ほどの説明においては
“負担が大きい”や
“ダメになる”です。
 
この言葉でも
意味を理解できる方もいれば
そうでない方もいます。
 
 
なので!
 
患者さんの表情などを見ながら
分かりやすい言葉に置き換えて
説明しなくてはなりません
 
 
患者さんでも理解できる言葉に
置き換えて説明すると、
先ほどの説明は
こう変わります!
 
===========
 
左側で噛めないので
右側で噛むようになります。
 
今までは両方の奥歯で
噛む時にかかる力を
分散していました。
 
それが右側の奥歯だけで
負担しなくてはならないので
いずれ奥歯が割れてしまいます。
 
歯が割れると元に戻せないので
抜歯しなくてはなりません。
 
そうなると左右両方の奥歯で
噛めないので
前歯で噛むようになります。
 
しかし、
前歯は奥歯ほど耐久性がないので
奥歯より早く抜歯になります。
 
前歯も失ってしまうと
入れ歯しか選択肢がありません。
 
ほとんどの方が
こういった流れで入れ歯になります。
 
そうなった時に初めて
 
「あの時、良い治療を
ちゃんとしておけば
良かった。。。」
 
と言われます。
 
金額だけを見れば
インプラントは高いですが、
歯28本を守ることを考えれば
決して高くはないと
私は考えています。
 
今回の選択は、
その歯だけではなく
●●さんの未来を
左右する選択になるので
慎重にご判断ください。
 
===========
 
書いてるうちに
インプラントの提案をする時に
僕がよくする説明に
なってしまいました。(・_・;
 
これを読んで分かるように、
患者さんでも理解できる
身近な言葉に置き換えてください。
 
そのうえで
未来が見える説明をすれば
ほとんどの方が
ちゃんと理解してくれます。
 
 
説明をしっかりしていても
患者さんの反応が
いまいちな場合は
今一度見直してください。
 
今日はここまで!
ありがとうございました!(^^)!
 
 
=======
きょうの佐藤
=======
 
『eyefi』はご存知ですか?
初めて使いましたが
結構スゴイです!
(*゚∀゚)
 
一眼レフで写真を撮れば、
すぐにiPadで見せられるので
 
患者さんに口腔内を見せて
動機づけする時に
かなり重宝します!
 
 

ものすごく便利なので
ぜひ見てみてください!
http://jp.eyefi.com/

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA