結果の出ないHPに共通する“3つ”の原因

結果の出ないHPに共通する
“3つ”の原因

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、
 
自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です。
 

先生はHP(ホームページ)を持っていますか?

いまやほとんどの歯科医院でHPを持っているので
逆にHPを持っていない歯科医院は少ないのではないでしょうか。

ただ、“HPを持っているだけ”に過ぎません。

実情は初診数がほとんど0(ゼロ)か、
初診が来ていても10人程度が良い所だと思います。

なぜHPを作っても患者さんが増えないのでしょうか?
それは、、、

HPを作っただけでは
何も意味がないからです。

これはよく言われていますね。
そう、『HPを作れば患者が増える』というのは
先生の“幻想”にしか過ぎません。

ではどうすれば良いのか?

前職では歯科医院のHPをたくさん制作していました。
その経験から、
結果が出ないHPには
“3つ”の原因があることに気づきました。

その原因とは、、、

①検索結果に表示されない
②HPに興味を持たない
③文章を読まない

大切なことなので大きくしました。(笑)

僕のいた歯科医院ではこの3つの原因を解消したので
初診数30人/月→150人/月に増えました。

保険患者だけでなく自費見込み患者も増えたので
売上でいえば年間2億円~2.5億円がHPから作られています。

自分で自分を褒めてやりたいです。(笑)
冗談はさておき(笑)、

他にも原因はたくさんありますが、
この3つを解決したHPに修正すれば
すぐに結果はついてきます。

これら“3つの原因”についてご紹介しますね。

■HPで結果が出ない原因①:『検索結果に表示されない

 

 

 

患者さんの99%が歯科医院を探す時に
『地域名+歯医者』というキーワードで調べます。
または『地域名+歯科』ですね。


具体的には『吉祥寺 歯医者』『吉祥寺 歯科』です。

『地域名+歯医者(or歯科)』というキーワードで
検索した時の1ページ目に表示されなければなりません。

でなければ初診数が増えることは絶対にないです。

これが原因で結果が出ていないことがほとんどです。

 


上記は『吉祥寺 歯医者』での1ページ目ですが、
この中で1位になることが望ましいです。

なので『SEO対策』もしくは『リスティング広告』
対策することをオススメします。

■HPで結果が出ない原因②:『HPに興味を持たない』

『HPを開いて“3秒”で続きを読むか判断する』
とよく言われています。

『地域名+歯医者』で1ページ目にでていても
印象に残らないデザインであれば
すぐに他のHPに行ってしまうんです。

たとえば次をご覧ください。

 


このHPを見て先生はどのような印象を持ちましたか?

他の医院との違いが書いていなかったり
外観が載っているだけであまり印象に残らない。。。

これが正直な感想だと思います。

その医院に“行かないとならない理由”が分からないのは
印象に残らないことにつながります。

先生のHPを開いて「おっ!」と思ってもらい、
続きを見たくなるような工夫をしなければなりません。

少し長くなってきたので『原因③:文章を読まない』は
次の記事でご紹介しますね!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■本日のまとめ

・HPを作っただけでは初診数は増えない

・結果がでないHPには次の“3つの原因”がある

  ①検索結果に表示されない
  ②HPに興味を持たない
  ③文章を読まない
 


・シンプルにこの3つを解決すれば成果は確実に出る

・『地域名+歯医者(or歯科)』で1ページ目に表示されていないのが原因

・HPを開いて“3秒”で『続きを読むか』判断されている

・その医院に“行かないとならない理由”が見えないのが2つ目の原因

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA