読まれないHPの文章には共通点があった!

読まれないHPの文章には
共通点があった!

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、
 
自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です。
 

前回の記事が途中になってしまったので
今回は『原因③:文章を読まない』
について詳しくご紹介しますね。

■HPで結果が出ない原因③:『文章を読まない』

保険患者さんの90%以上は次の4つしか見ていません。

・(いまいる場所から)近いか
・通える時間帯に診療しているか
・歯科医院の雰囲気が良さそうか
・痛くないか(&歯を削らないか)

正直、これらのキーワードが入ってさえいれば
文章に力をいれなくても初診数は増えます。

ただ、

ただですよ?

保険患者さんばかり増えたとしても
説明しても少ししか自費診療が増えません。

そもそもデンタルIQが低いので
めちゃめちゃ力をいれて説明しても
理解してくれません。

労力ばかり増えるだけです。

なので最初から自費診療を希望する患者さんか、
説明すれば理解してくれる自費見込みの高い方を
HPから呼び込むことが大切です。

そのような方に来院してもらうためには
『文章』が大切です。

そこに気づいている歯科医院は
ほんと~に少ないですね。
もったいない!

先生たちが“よくやりがち”な間違った文章は
ほとんどこういったものです。

・○○とは
・○○のメリット/デメリット

ですよね?
インプラントを例に挙げれば、

・インプラントとは
・インプラントの従来の治療法(ブリッジ・入れ歯)の違い
・インプラントの安全性
・インプラント治療の流れ
・Q&A

先生たちも忙しくて文章なんか書く暇がないから
他の歯科医院の真似をしてしまう。
だから同じ文章になっちゃう。

でも先生、、、

一般的な情報ばかり載せているから
読まれないんですよ

文章をパクっている限り
自費見込みの高い患者さんは絶対に増えません。

では、どうすれば良いのか?
それは、、、

今度紹介しますね。(笑)

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■本日のまとめ

・保険患者を狙うなら『文章』はほぼ必要ない

・自費患者を増やすなら『文章』は不可欠!

・『○○とは』『メリット/デメリット』等の一般的な情報はNG

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA