1つの求人広告で欲張りしちゃダメ

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

前回のメルマガでは
「近隣に求職中Drがいないぐらい
診療所のアクセスが悪かった」
ことが敗因だとお伝えしました。

しかし、別の角度から
求人戦略を練り直したことで
Dr4名からの応募を獲得。

その勝因は何だったのか?
2つあります。

 

1つ目は、アクセスの良い本院で
代診を集めたことです。

本院でまず代診を集めてから
分院でも診療してもらう。
作戦をそう練り直したんです。

分院展開している医院だからこそ
できる求人戦略です。

 

そして2つ目の勝因。

これは最近多用している手法ですが
非常に効果があります。

その方法とはこちら↓

★★★★★★★★★★★★★★★★

1つの求人広告でアプローチする
ターゲットは1つに絞る。

ターゲットが複数ある場合は
ターゲット別に求人広告を複数作成する。

★★★★★★★★★★★★★★★★

 

「…どういうこと?」

ほとんどの先生が
そう疑問に思われたと思います。

例えば、こちら。

ある求人広告の一部ですが、
この広告ではターゲットを…

・新卒Dr
・インプラント等を学びたいDr
・経験が浅いDr
・40~60代Dr
・子育てと両立したいDr

の5つを採ろうとしています。
1つの求人広告でこれら5つも
狙っているわけです。

 

これの何がダメなのか?

まず大前提として、
GUPPYを利用する求職者は

【キャッチコピー・写真・給与】

の3つを見て先生の求人広告を
クリックするかどうか考えています。

当然、その3つが自分にピッタリ
来ていればクリックする訳です。

 

ただ、先ほどの求人広告のように
ターゲットが5つもあれば
焦点がボヤケてしまうんです。

すべてのターゲットに共通する
キャッチコピーにしようとすると
どうしても抽象的で刺さらない文言になる。

結果、誰にも響かないから
ひとりも採用できない。。。

そんな笑えない話が現実になるので
絶対に欲張りしてはダメ。

ターゲットごとに求人広告を作る

ではどうすれば良いのか?
それはこちら↓をご覧ください。

 

これは、今回事例紹介している
歯科医院の求人広告一覧です。
(GUPPYの検索結果一覧画面)

今回の求人では、

(1)40~50代Dr
(2)経験の浅いDr
(3)非常勤Dr
(4)自費経験を積みたいDr

これら4つをターゲットとしています。

そして、ターゲット毎にドンピシャな
キャッチコピー等にするために
4種類の求人広告を作成した訳です。

その結果、4日間でDr4名から
応募を獲得できました。

 

ターゲット毎に求人広告を
いくつも作るのは、正直大変です。(汗)

でも、1回作ってしまえば
募集するたびに使えるので非常に便利です。
しかも応募も来ますしね。

 

今回はDrを例に挙げましたが
DHやDAでももちろん同じです。

求人を長いこと出しているのに
全然応募が来ない…!
なんて場合にオススメです。

追伸

同じ職種でいくつも広告を
作る方法ですが、
GUPPY管理画面を開いて下さい。

画面左上に「求人情報の登録・追加」
があると思うんですが、そこから作成できます。

すでに求人広告を出している場合は
「他の求人をコピーして入力」
を押せば簡単に求人広告が作れますよ!

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA