原因④:自医院のウリが分かっていない

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

アンケートの締め切りが今日だからか、
21名の方がご回答下さいました。
本当にありがとうございます!

では早速ですが、本題に入る前に
応募が来ない原因を再確認しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

①広告代理店任せにしている

②掲載する求人媒体を間違えている

③求職者の“ホットボタン”を理解していない

④自医院のウリが分かっていない

⑤キャッチコピーが具体的でない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日は④を解説していきますね。

9割の院長は自医院のウリが見えていない

求人代行でご契約頂いた先生には
まず最初に医院のウリを聞いています。
そうすると、、、

「うちにはウリが無いからねぇ…」

「何がウリなのか分からない…」

「逆に何がウリなのか教えてほしい」

という声が返ってきます。

ウリを把握していない方が多いですが、
それもそのはず。

なぜなら“当事者”だからです。

自分のことを客観的に見ることは
とても難しいからです。

自医院のウリが見えていないから、
全然的外れなウリを求人広告に
載せてしまうんです。

バケモノ級の好条件な求人でも…

大切なことを言いますね。

求職者の視点から見た場合、
キャッチコピーを見てから
求人広告を読むか判断しています。

キャッチコピーにウリが無ければ、
詳細でどんなに良いことを書いていても
そもそも見られません。

結果、応募がまったく来ないんです。

私は求人募集の文章を書く前に
まず最初にすることは求人戦略の立案。
つまり最初に作戦を立てています。

その求人戦略を立てる過程で
競合調査をしているんです。

競合の求人をチェックしていると、
とんでもないバケモノ級の好条件な
求人を発見することがあります。

普通だったら「ここには勝てない…」
と諦めてしまいます。

でも私はそうなりません。
なぜか?

そんなバケモノでも自医院のウリが
何なのか分かっていないから。

ウリが分かっていないから
キャッチコピーにも書いていないし、

求人広告を隅々まで見て
ようやく分かるレベルでしか
書いていません。

魅力が全然伝わらない求人広告に
なっていることがほとんどだから
私は及び腰にはなりません。

客観的にウリを見つける方法

ではどうすれば自医院のウリが
分かるようになるのか?
それは、、、

スタッフに直接聞くことです。

本当は10個の質問がありますが、
そのなかでも大事な2つの質問を
特別にご紹介します。

こちら↓です。

★★★★★★★★★★★★★★★★

< 質問① >

他にもたくさんの歯科医院が
求人募集していますが、
なぜ当院の求人に応募したんですか?

< 質問② >

当院の求人募集を友達に紹介するなら、
どんな点について紹介しますか?

★★★★★★★★★★★★★★★★

この2つを募集職種と同じ職種の
スタッフ全員に質問してください。

募集職種が『歯科衛生士』なら
歯科衛生士全員に質問、ということです。

ほとんどの場合で質問の答えに
共通点が見つかってきます。

その共通点が、
自医院のウリのひとつです。

本日のブログは以上です。

あくまで見つかったのは
ウリの“ひとつ”なので、
競合調査などをしたうえで
他のウリも見つけなければなりません。

ただ、突破口には確実になりますので
ぜひ実践してみてください。

ちなみに、10個の質問文は
アンケートの3つ目の特典として
お渡ししているやつです(笑)
(ちゃっかり営業します)

本日23:59が締め切りなので
どしどしご回答ください!
https://goo.gl/forms/4L5hOdwmoZVc4Lus2

※メルマガ読者が対象ですが、ご回答いただいたあとでメルマガ登録して下されば特典をお渡しします。

◆追伸:

もしスタッフの退職時期が迫っているのに
応募が来なくて焦っている方は
こちらから無料相談にお申し込みください。
http://authentic-partner.com/kyujin/form_ver2/index_f.html

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA