「GUPPYは応募が来ない」は嘘。

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

先日、経営相談でお邪魔した
歯科医院の院長先生が
次のことを仰っていました↓

歯科衛生士の採用でGUPPYを使っていますが、全然応募は来ないですよ
GUPPYは全然ダメですね

これについて、先生はどう思われますか??

ウンウンと頷いている先生も
いるのではないでしょうか。

ただ、実はですね、、、

「GUPPYはダメな媒体」
というのは明らかな間違い。
完璧な勘違いです。

使い方が間違っているから
そう誤解してしまっている先生が多いんです。

GUPPYの正しい使い方を知れば
“確実”に応募は増えます。

なぜそう断言できるのか?

以前は、正直な話をすると
歯科医院によって応募が来る来ないに
バラつきがあったんです。(苦笑)
隠すことなく言いますと。

でも“あること”に気づいてからは
応募がゼロということが無くなりました。
応募が2~3件程度は“最低でも”
来させることが可能になりました。

すべてではないにしろ、
90%の確率で1週間以内に応募が来て、
1ヶ月以内に採用できるというのが
スタンダードになりました。

実績の一部を紹介すると、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~
◆実績(1)
掲載後1週間で歯科衛生士7名から
応募が来るようになった。

その後も毎月1~2名の応募が
継続的に来るようになった。

---------

◆実績(2)
千葉の田舎の歯科医院だから
クオキャリアで1年掲載しても
1件も応募が来なかったのに、
掲載1ヶ月以内に歯科衛生士3名から
応募が来るようになった。

しかも、使ったポイントは4,060ptのみ。
(1pt=1円)

---------

◆実績(3)
卒後3年未満の歯科医師を
ターゲットにした求人広告を掲載後、
わずか3日で2名から応募が来た。
しかも広告費はわずか1,440pt。
~~~~~~~~~~~~~~~~

これらはほんの一例です。

何も自慢したい訳ではありません。
僕が言いたいことは下記のこと。

★★★★★★★★★★★★★★★★

GUPPYは掲載の仕方によって
応募が来る求人媒体にもなるし、
何年掲載しても応募ゼロの
求人媒体にもなる。

つまり、“正しい”求人広告の作り方を
知っているかが明暗を分ける。

★★★★★★★★★★★★★★★★

ということです。

正しいやり方を知っているかで
先生の歯科医院に応募が
今後来るかどうかが分かれます。

ただ、喜んで下さい!
正しいやり方を知っている先生は
ほとんどいません。

殆どの先生が知らない今だからこそ
正しいやり方で求人広告を出せば“一人勝ち”できます。

次回はGUPPYから応募が来ない
原因について解説をします。

非常に大切なので、
ぜひ次回もお読みください。

それでは!

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA