HPから自費患者を呼びこむ“3つの要素”。それは、、、

HPから自費患者を呼びこむ
“3つの要素”。それは、、、

「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、

自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です。
 

HPの話が続いているので、
先生が最も気になっていらっしゃるであろう

『自費患者を呼びこむHPの条件』

について紹介していきます。

今回ご紹介することがきっちりできていれば
自費患者さんが増えることは間違いありません。

以前もお伝えしましたが、僕のいた歯科医院では
HPから年間2億円~2.5億円の売上が作られています。

誤解がないように言っておきますが
すべてが自費患者さんではありません。

最初から自費希望の方は
新患150人/月のうち20~30人程度
です。
ただ、、、

デンタルIQの高い潜在的な自費患者さんが
大部分を占めています。
だから2億~2.5億円の売上になるのです。

なので厳密にいえば『自費患者』さんではなく
今回は『自費見込み患者』さんにフォーカスした内容ですね。

まぁ、あまり長く引っ張っても怒られそうなので(笑)、
どんどん結論からお伝えしていきましょう。

潜在的な自費患者さんを呼びこむHPには
必ず次の3つの要素が欠かせません。

それは、、、

①治療技術の高さ
②審美性の高さ
③丁寧でしっかりとした説明

間違いなくこの3つだと断言します。
これを求めてくる患者さんは99%、自費診療を選びます。

ドンピシャでこの3つにヒットしている方であれば
口腔内の崩壊度にもよりますが
最低200~300万円の治療になります。

日本にいる歯科コンサルタントの誰よりも
たくさん患者さんを見てきた僕がいうんだから信じましょう。(笑)

では、これら3つについて簡単に解説しますね。

■HPに欠かせない要素①:『治療技術の高さ』

もう説明しなくても分かりますよね?
言葉のまんまです。

いかに先生の治療のレベルが
他よりも優れて“いそう“に見えるかを表現するだけで
す。


もちろん、先生の治療レベルが高いことは分かってます。
優れて“いそう”と書いたのは
患者さんが正直分かるものではないからですよ。

では、どうやってこれを表現するのか?

いろんなテクニックがありますが、
いくつかヒントをご紹介すると、、、

・治療している時の真剣な表情
・マイクロスコープなど専門的に見える機材
・治療の成功率
・症例数の多さ(例:セラミック3,000症例以上)

代表的なのはこんな感じですね。

まぁ、一番手っ取り早いのは
症例写真をとにかくたくさん載せること。
それだけでもまずは良いです。

■HPに欠かせない要素②:『審美性』

審美性とは、セラミック等の自費を入れた場合に
口元がどれだけ綺麗になるか
のことです。

高額なケースになる方はほぼ、
治療技術と同じくらい『審美性』も求めていますね。

これも症例写真を載せることで解決できます。
前歯のセラミックの症例や臼歯の症例などです。

ただ、、、

ただ注意していただきたいのが
『客観的に見る』ことです。

先生、怒らないで聞いてくださいね。。。

よく先生が自慢している症例は
素人から見るとそこまで綺麗じゃないです。(苦笑)

おそらく難しい症例だったから自慢されていると思いますが、
客観的にみて違和感のある症例ってことが多いです。

なので、客観的にみてどうか?という視点で
HPに載せる症例を選んでくださいね。

■HPに欠かせない要素③:『丁寧でしっかりとした説明』

いかに『丁寧にちゃんと説明してくれるか』です。

患者さんから転院してきた理由をきくと
意外と「全然説明してくれなかった」ってこと多いですよ。

先生、考えてみてください。

もし先生が心臓がわるくなって病院にいったとき、
ほとんど説明がなかったらどうですか?

絶対に「この先生、大丈夫か?!」って思うはずです。
歯科も同じです。

これをHPで理解してもらうには
そこまで難しくありません。

おおむね次のことができていればOKです。
それは、、、

・『治療説明をしっかりする』と十分に明記する
・治療についての文章量を多くする
・治療説明している時の写真を載せる

別にむずかしくないですよね?

あっ、ちなみに中央の『文章量を多くする』ですが、
『HPの印象=先生の医院の印象』ですよ。間違いなく。
だって、判断材料はHPしかないですからね。

なので治療についての説明文が少なければ
「この歯医者は説明してくれなさそうだな」って思われます。

文章量を増やせば解決する話です。

ポイントさえ押さえれば、HPで結果はでます。
全然難しいことなんかありゃしません。

まずは僕がいったようにHPを修正してみて
結果がでるように調整していけばOKです!
がんばってくださいね!!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■追伸

HP業者の言うことなんか信じちゃだめですよ。
どうやったら結果がでるかなんてすこしも知っていませんから。

なので、結果のでるHPに修正していくには
先生自身で考えるのがベスト
です。

HP業者の言いなりになっている限りダメです。
結果なんか出ません。

先生が一番、患者さんの声を聞いてきているんですから
HP業者ではなく自分自身の直感を信じましょう。

そうすれば自ずと成果が少しずつ
出てくると思いますよ!

応援してます!!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

■本日のまとめ

自費患者を呼びこむHPには

3つの要素が欠かせない
  ①治療技術の高さ
  ②審美性の高さ
  ③丁寧でしっかりとした説明


・3つの要素それぞれについては本文を参照!

・HP業者は『プロ』なんかじゃないので自分を信じましょう

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA