佐藤推薦のデンタルローン会社とは?

歯科専門コンサルタント、
㈱オーセンティックパートナーの
佐藤元武です。

連日忙しかったので
前回から少し日が空いてしまいました。。。

前回は「デンタルローンとは?」
というテーマで書きました。

本日は僕がオススメする
デンタルローン会社をご紹介します。

というのも、

デンタルローンは色々あってどこが良いのか分からない…

とお悩みの先生が多いからです。

僕自身は、事務長時代に
勤務していた歯科医院では
セディナが元からあったので
それを利用していました。

ただ、独立してからクライアントに
ご紹介した時に良い面・悪い面が見えてきたことから
デンタルローンを調べることに。

本当にたくさんの数を…

おそらく先生方が自分で
調べるとなると大変だと思うので
僕がクライアントにご紹介している
デンタルローンを紹介しようと
思ったのがきっかけです。

ただ、最初に言っておきますが、
本日紹介するデンタルローン会社とは
何も利害関係はありません。

先生を何人紹介したとしても
僕には一銭も入りません。(涙)

色々なデンタルローン会社を
調べてきて「良いな」と
思った所をご紹介します。

デンタルローン選びに押さえるべき4つのポイント

と、その前にデンタルローンを選ぶ際に
重視すべき基準を解説します。

その選ぶ基準とは下記4つ。

★★★★★★★★★★★★★★★★

◆選ぶ基準(1)
分割回数が多いか?

◆選ぶ基準(2)
分割手数料(実質年率)が低いか?

◆選ぶ基準(3)
医院の審査が通りやすいか?

◆選ぶ基準(4)
患者の審査が通りやすいか?

★★★★★★★★★★★★★★★★

僕自身が重視しているのは
この4つです。

では、これらを解説していきましょう。

選ぶ基準(1)分割回数が多いか?

高額な自費の成約率に影響を与えるのは
分割回数の上限です。

分割回数の上限が60回と84回だと
毎月の支払額は変わってきます。

年収が低い患者さんの場合、
毎月の支払額を低く抑えられれば
高額な自費でも成約になる確率は
非常に高くなってきます。

ですので、
分割回数は60回だと少ないので
それ以上がお薦めです。

選ぶ基準(2)分割手数料(実質年率)が低いか?

手数料を「患者負担」と「医院負担」
のどちらの負担にするかは
デンタルローンによって異なります。

『スマイルライン』は医院負担ですが、
それ以外の大半が患者負担です。

僕はどっちでも良いですが、
医院負担にすると高額な自費の場合
数十万円も手数料でとられるので、
僕は「患者負担」で良いと考えています。

いずれにしろ、
分割手数料は低い方が良いです。

分割手数料はデンタルローンによって
まったく違いますが、
目安としては6%未満がオススメ。

多くの歯科医院でスルガ銀行を
とりあえず入れていますが、
手数料が7~11%と非常に高い…

分割回数が120回なので良いですが、
手数料が異常に高いので
僕はどうかなぁ…と思っています。

選ぶ基準(3)医院の審査が通りやすいか?

意外と知られていないのが、
どの歯科医院でもデンタルローンを
導入できる訳ではありません。

売上が低いとリスクが高いと判断されて、
デンタルローンを導入できない場合もあります。

あるデンタルローンでは、
年商5,000万円以下はNGという
会社もあるようなので注意が必要です。

選ぶ基準(4)患者の審査が通りやすいか?

会社によって患者の審査が
非常に厳しい所と緩い所があります。

審査の手続きが終わった所までは
患者さんのモチベーションが高くても、
審査で落ちてしまえば
すべての補綴が保険になる可能性も出てきます。

患者の審査が厳しいのか緩いのかは
デンタルローンを利用しないと
分からないことですが、
この点も非常に大切なポイントです。

佐藤が推薦するデンタルローンは『アプラス』

以上、大切な4つの点を解説しました。

この4つの基準を満たしている、
佐藤お薦めのデンタルローンは『アプラス』です。

なぜアプラスをお薦めするのか?
それは下記の理由です。

理由1分割回数がMAX84回だから

理由2分割手数料が一律5.8%だから

少し補足をすると、大半のデンタルローンは
分割回数6回と84回だと手数料は変わります。

あるデンタルローンだとその開きは3倍も。

アプラスだと「一律」なので
患者さんにとっても懐に優しいです。

理由3医院の導入審査も患者の審査も非常に通りやすいから

クライアントのある歯科医院は
年商3,000万円未満でしたが、それでも導入できました。

また、患者さんの審査も「NGだった」と話を聞かないので
非常に通りやすい印象があります。

これらがアプラスをお薦めする理由です。
ただ、1点デメリットがあります。

本当はここで書いてはいけないことだと思いますが、
クライアントの先生からよく指摘される事実なのでお伝えします。
そのデメリットとは、、、

会社は誠実なのかもしれませんが、
営業マンが適当だということ。(苦笑)

資料を届けに来る日時を営業マンが
指定したのにすっぽかしたり。。。
返事を1ヶ月待っても来ないとか。

営業マン全員ではなく一部だと思いますが、
営業マン関係の話はよく聞きます。

ただ、デンタルローン単体で考えると
非常にメリットばかりなので
「そういうもんだ」と思っておけば
イライラしなくて済むかもしれません。。。

長くなりましたが以上です。
デンタルローンをすべに導入していても
アプラスだけは絶対導入すべきです。

では、今日はこのへんで。

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA