STEP(3)キャンセル率を改善する

STEP(3)
キャンセル率を改善する

 
「治療大好き×経営苦手」な
歯科医院に特化して、
 
自費率アップを仕組み化する
歯科コンサルタント
佐藤元武(もとむ)です!(^^)!

今日で折り返し地点に来ました!

STEP(3)の
「キャンセル率改善」について
本日はお話ししますよ~!

さてさて!

先生がたも
日々のキャンセル数は
多少なりとも
意識しているはずです。

処置の準備をしていたのに、、、

「えっ?まだ来ないの?!」

「電話もつながらない!?」

「また無断キャンセルかよ!」

・・・

( ̄O ̄;)

キャンセルは
本当に迷惑ですよね。(・_・;

準備していたのに
時間が過ぎても来ないのは
ストレスですね。(苦笑)

しかも!
キャンセルはその時間が
ムダになるだけでなく、
治療中断にも繋がります。

治療中断になれば、
今後来なくなる可能性も
大いにあります。
(^^;;

よくある典型例は
コチラですね↓

~~~~~~~~
TELキャンセル
 ↓
無断キャンセル
 ↓
治療中断
 ↓
他院に流出、、、

~~~~~~~~

新患が多く来院していても
予約枠に空白ができるのは

着々とこうして患者さんが
消えているのです。(◎_◎;)

今回シリーズ編として
4つのSTEPのなかに
「キャンセル率」を入れているのは
非常に意味があるんです。

なぜなら!

============
◆理由(1)
自費を増やすのは
ある意味“確率論”なので、

患者数が少ないと
伸びしろが小さくなるから!

============
◆理由(2)
キャンセル率を改善するだけで
改善した分だけ
売上UPに直結
するから!
============

つまり、キャンセル率が高ければ
本来あるはずの売上が
どんどん消えているんです。
( ̄O ̄;)

例えるなら、、、

“穴の空いたバケツ”に
水を注ぐようなものです。

 

こうしたムダを省いて
筋肉質な経営にするには、

キャンセル率の改善が
絶対に欠かせません!

ここまで読んで、

「キャンセル率を改善しなきゃ!」

と思っていただけた先生は
下記リンク先の記事を
ぜひともお読みください。

僕自身が事務長時代に
やっていたことを
まとめたので、
参考になりますよ!(^.^)ニヤリ

驚異の『キャンセル率8%』を実現する“たった1つ”のこと
 ↓
『キャンセル料の導入』における5つの障壁
 ↓

 ↓
『キャンセル料の導入』を2週間でクレームなく成功させる!②

次回はSTEP(4)の
【自費診療を劇的に増やす】
をご紹介していきます!

それでは!

自費率アップ専門歯科コンサルタント
佐藤元武

自分のメモ用としてSNSボタンを押す先生もいますよ!

無料メールセミナーのご案内

無料メールセミナーにはもう登録しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA